二十歳の減点

京都のしがない女子大生のブログ

1/9

三連休は実家に帰っていた。昨日は成人式。早起きは最近慣れてきたが深夜3時寝の朝5時起きでフル稼働はちとしんどかった。実家の猫が可愛くて仕方ない。家を出る前におやつをあげていきたかったが、最近好き嫌いが激しいらしく昨日のご飯もまだ食べていなかったので断念。

 

成人式。顔見たらあああいつかあの子かと分かるぐらいには周りは変わっていなかった。振袖のまま駅前の寿司屋で中学の同級生である人妻と元居候とご飯を食べ父方の祖母宅へ。叔母さんとは話しやすい。

 

母方の祖母宅で着替えて風呂入って中学の友人とご飯。面子は昼ごはんを食べた2人に加え、四大に通っているM、A、Rの3人と私の計6人。各々の恋愛話を事情聴取していくところから話題が始まった。私はトップバッターだった。年末に色々あったと話した。

 

印象に残っている話としては人妻に自炊をしたほうが絶対いいと言われたこと。正直一人暮らしは作るほうが高くついたりするしめんどくさい。人妻は1週間3000円以内におさめているらしい。料理、下宿してるうちにちょっとでも習得しようと思ってるけどなかなかなあ。

料理で思い出したが、夏休みにでも味噌を作りたいと考えている。いつもインスタントの味噌汁を飲んでいるのだがこのままこれをずっと摂取していたら生活習慣病になりそうな塩辛さだな、とふと思った。どーせ減塩とかうたっている商品もたかが知れているだろう。なら自分で作ろうという結論にたどり着いたのである。母親に話すと、普通の味噌汁も作ったことないのにと呆れられた。

 

話を元に戻して他に印象に残っている話は、Aがバイト先のバイの先輩と宅飲みした後に寝ていたら指を舐められたこととか。

そういうマイノリティの話題になったときまず怖いだとか襲われるのではとかいう考えが出てくることが不思議だった。でも確かにAの先輩みたいに順序を間違えている人がいるからそういう風に見られてしまうのではとも思う。彼らだってしんどいはずなのに。

 

そんなこんなで二次会もなしでお開きになり、直行で京都に帰りましたとさ。やっぱり地元の友人が一番落ち着きますしなんでも話せますね。

 

 

広告を非表示にする